胸の垂れを治す方法

産後の胸の垂れを治す・戻す方法

 

 

胸の垂れが気になる方、心配な方の為に、最も効果的な「治す方法」をご紹介していきます。

 

具体的には、

 

  • 何らかの原因で胸(バスト)が垂れた(しぼんだ)
  • バストサイズがダウンした
  • もともと胸が垂れている
  • 若い頃から、胸の形が悪い
  • まだ若いが、胸が垂れているので心配

 

 

といった事で悩んでいる方へのお話となります。

 

胸が垂れを治す方法

 

胸が垂れる原因

 

胸が垂れる原因というと、代表的なものがいくつかあります。

 

例えば、

 

  1. 出産後
  2. 卒乳後
  3. ダイエット後
  4. 遺伝など、生まれつき
  5. 加齢によるもの
  6. ストレス
  7. 原因不明

 

 

これらが挙げられると思います。

 

具体的な方法は後述しますが、この中で1〜4は、「おすすめの胸の垂れを治す方法」を実践すれば、かなりの効果が期待できると思います。

 

特に出産後や卒乳後に胸がしぼんだ、垂れてきたという場合や、ダイエット後に〜というケースは、同じような症状になる方が多いので、対策製品がわりと充実しています。

 

ですので、対策の方法や使う製品を間違わなければ、しっかり成果を出すことが可能ですので、積極的に対策していきましょう!

 

 

続いて5はアンチエイジングなどと同時に進める必要があるでしょう。

 

そして6ですが、これはまず原因のストレスをなんとかしなければなりません。

 

ですので、ストレスが溜まらない方法+胸の垂れを戻す方法が必要になります。

 

最後の原因不明。 これは環境も生活も習慣の何も変わっていないのに、「ある日突然胸がしぼんできた」という事ですが、この場合は病気などが疑われますので、まずは医師の診断を受けてください。

 

そして原因が特定できた後に、バストのケアとして「胸の垂れを戻す(治す)方法を実践すればいいと思います。

 

 

 

胸の垂れを治す・戻す方法

 

初めに書いておきますが、胸の垂れを治す・戻す事を難しく考えないでください。

 

考え方は、「他の方に効果が出ている方法の中で、最も効率の良いものを続けていく」、これだけです。

 

いろいろ試しても時間の無駄です。 バストアップには時間もお金もかかるので、最短距離でいきましょう!

 

 

その方法ですが、基本的に出産やダイエットが原因で胸がしぼんでしまったという場合と、若い頃にバストが発育しだすと同時に胸が垂れてしまったという場合は、実は取る方法がほとんど同じなのです。

 

例えば卒乳でバストがしぼんだというのは、主にバストへの負荷によるものが原因となります。

 

出産(妊娠)した女性は赤ちゃんに母乳を与えるため、バストの形が大幅に変わることが珍しくありません(大きくなる)。

 

一部の体の形が、大きく変化するのですから、その影響はあって当然ですよね。

 

その後、反動でしぼんでしまうのは、ある意味誰にでも起こる普通のことです。

 

これらを専門的には、乳腺の減少、クーパー靭帯の伸びなどと言いますが、そういう専門用語を覚えるより、なぜバストが垂れてしまうのか?のメカニズムを、まず簡単に理解してください。

 

 

 

胸が垂れるメカニズム

 

加齢や出産、卒乳後に胸が垂れるメカニズムです。

 

理由は母乳、ホルモンバランス、加齢による体の変化と、いくつかありますが、要はこういう事です。

 

 

バストのふくらみを構成しているのは90%が脂肪、そして残り10%が乳腺やクーパー靭帯などです。

 

そして脂肪や乳腺がバストのふくらみを作り、それを支えるのがクーパー靭帯の役割になります。

 

このクーパー靭帯が弱ってくると、バストが垂れてきます。

 

そして脂肪や乳腺が減少すると、バストがしぼんでくるという訳です。

 

 

ですが、クーパー靭帯が伸びるというのは、そうそう簡単にあることではありません。

 

というよりクーパー靭帯が伸びてしまった場合、基本的に治す方法はありません。

 

時々、野球選手がひじの靭帯を伸ばしたり、断裂したりといったニュースを聞くことがありますが、この場合は手術か?引退か?の2択になりますよね。

 

靭帯というのは、自然に再生するものではないと言う事です。

 

 

ですが安心してください。

 

プロ野球の投手がひじの靭帯を酷使するのと違い、胸のクーパー靭帯は、母乳をためた程度では伸びたりしません。

 

そうです、胸の垂れの原因は、いろいろ言われていますが、靭帯が関係あるケースなんて、ほぼありません(スポーツ選手は除く)。

 

実際は胸の脂肪が減ることで、胸が垂れたり。しぼんだりしているのです。

 

 

母乳を一時的にためたことで、バストが大きくなり、それが解放されたことによりしぼんでしまい、シワなどができてしまう。

 

または、ダイエットによりバストの脂肪も激減してしまう。

 

または出産で一時的にホルモンバランスを崩し、胸が小さくなり、垂れてしまった。

 

胸が垂れたり、しぼんだりする原因は、ほとんどがこれら「脂肪の急激な減少」が理由です。

 

 

加齢による場合でも、靭帯が伸びるなんてことはそうそうあることではなく、今までバストにあった脂肪が、加齢による変化で減少し下半身や背中の後ろについてしまうようになるのです。

 

人間は10代、20代の体型と、40代以降の体型は、明らかに違いますよね。

 

 

そしてもともとバストが垂れ気味という方も、バストに脂肪がつかないことが原因の場合が大半なのです。

 

 

ということで、垂れてしまった胸、しぼんでしまった胸を元に戻すには、失われた脂肪を回復させる事です。

 

若くして垂れてしまった場合も、本来あるべき姿に戻せばいいと言う事になりますね。

 

 

解決方法

 

ではどうやって失われた脂肪を戻すのか?

 

これは「なぜ女性は思春期になるとバストが大きくなるのか?」を考えればわかります。

 

 

女性のバストが大きくなる理由は主に2つです。

 

1つは当然、子孫を残すため(赤ちゃんの授乳のため)。

 

そしてもう1つは、異性を惹きつけるため。

 

男性が女性のバストに惹かれるのは、DNAにそう刻まれているからです。

 

 

そしてこのバストが大きくなる時には、体の中で女性ホルモンが多くなり、バストを発達させていきます。

 

そうです、全てはこの「女性ホルモン」により、バストが大きくなっているという訳です。

 

女性ホルモンが増えると、バストやお尻を豊かにします。

 

 

要するに、卒乳時は女性としての役目を一時的に完了しているため、女性ホルモンが少なくなる傾向にあります(体が回復すれば、時間はかかりますが元に戻ることもあります)。

 

また若いうちから、あまりバストが大きくならないというのは、女性ホルモンの分泌が少ないからといえるでしょう。

 

 

その証拠に、ニューハーフ、オカマと呼ばれる方たちは、女性ホルモンを注射したりして、バストやお尻を大きくしています。

 

ですが、このホルモン注射は、非常に難しいとされています。

 

 

体に大きな異変が起こることも多く、副作用も非常に危険なものが多いのです。*特に内臓がダメージを受けます。

 

これはある種の手術と同じです。 リスクが高すぎると言う事ですね。

 

*ホルモン注射には、医師の診断が必要です。

 

 

ですが何も女性ホルモンそのものを注射し、リスクを抱える必要なんてないのです。

 

現在は女性ホルモンと同じような働きをする無害な物質や、体内の女性ホルモンをサポートする働きのある物質を取る(塗付する)事で、注射の代用ができます。

 

この方法なら副作用のリスクが無いので、圧倒的におすすめのバストアップ方法なのです。

 

 

その具体的な方法は、

 

まず直接バストの脂肪増に効果的な美容成分を送り込むこと=バストに直接塗る!

 

同時に内側から女性ホルモンをサポートする=サプリメントを飲む!

 

 

これだけです。

 

そうです、異様な体操をしたり、意味不明なカップをつけて真空にする必要はないのです。

 

私たちはもっと科学的に、医学的に効果が期待できる方法を採用しましょう!

 

 

まず直接バストに塗るケアは、現在ジェルタイプが最も効果的と言われています。

 

もちろん成分が優れているという前提です。

 

そんなバストアップ効果が最も期待できる、現在最高のジェルは、

 

こちら↓

 

↑をクリックしてください。 詳細ページに移動します。

 

このバストアップジェル、「ラシュシュ」の詳細がご覧いただけます。

 

現在「@コスメ」のバストアップ部門で、圧倒的なNo,1と評価されています!

 

 

 

そして女性ホルモンに響くサプリメントで、最も効果的と評判なのが

 

こちら↓

 

↑の製品名は「ハイスピード・プエラリア100」、最新のバストアップサプリです。

 

主成分は「プエラリア」。 もうバストアップの効果では世界的に有名ですね。

 

女性ホルモンを完全サポート、超高純度の生のプエラリアを配合しています。

 

バストアップサプリでは、現在圧倒的なNo1と言えるでしょう。

 

 

*バストアップサプリをもっと知りたい!という方は、
こちら=バストアップサプリ効果比較

 

 

原因が加齢でも、産後でも、女性らしさがイマイチな若い方でも、とりあえずこの2点(最初はラシュシュだけでも)を使えば、普通に効果は実感できます。

 

ただし、短期間の急激な成長は期待しないでください。

 

豊胸手術やシリコン注入ではないのです。 少なくとも2カ月は時間をください。

 

焦らず、ゆっくりと、でも確実にバストをケアしていきましょう。

 

方法は簡単です。

 

入浴後にラシュシュでバストを直接マッサージ。

 

ついでに朝もやりましょう。

 

 

そしてハイスピード・プエラリア100を、1日1錠から3錠を飲みましょう。

 

私は朝と晩に1錠ずつ飲んでいます。

 

 

バストアップケアはこれだけで十分です。

 

これ以上は必要ないのです。

 

もう一度言います、体操もカップも男性に揉んでもらう必要も無いのです(笑)。

 

これからは科学的、医学的なアプローチでスマートにいきましょう!

 

詳しくはこちらから=【1ヶ月で絶賛に変わる秘密】ハイスピード・プエラリア100

 

 

 

 

 
更新履歴